読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系社会人は医学部進学の夢を見るか?

文系社会人が心の底から願う夢の実現のために死力を尽くす、その奮闘の記録。

文系社会人と各教科戦略3:理科

一番戦略が立っていない教科

現時点でどう勉強していけばいいかがあまり明確になっていないのが化学と生物である。高校時代化学は苦手分野とそうでない分野がはっきりしていたし、生物は苦手だと思った分野があまりなかったためである。何事も計画を立てて実行してみて、その結果どうだったかを見てみないことにはわからないので、まずは現時点での戦略を述べてみたい。

化学:計算と理解と暗記と練習がカギか

化学は理論分野、無機分野、有機分野と三つに分かれている。基本的な計算は大体できるし、モルやアボガドロ定数といったものも頭に入っているが、所謂化学Ⅱの範囲だった気体のところが良くわかっていない。あと化学平衡の概念もよくわかっていない状態である。よくそれで理学部を受験したものである。無機分野は暗記が得意だったこともあり、割と楽しく勉強していた。とはいえ今となっては溶液の色から何から抜けてしまったので、また一から知識を入れていく必要がある。有機分野は得意と苦手の半々だと思う。構造決定は出来て、反応式もかけるけど形がわかっていない、みたいな感じである。

兎にも角にも概念に対する理解と最低限の知識がないとやっていけないので、まずは教科書を読みながらリードLightシリーズで知識の補充を行う。同時にスタディサプリでそれぞれの分野の概念の理解に努める。

計算問題の練習や典型問題の練習は以下の問題集で行う。

らくらくマスター化学基礎・化学 (河合塾シリーズ)

らくらくマスター化学基礎・化学 (河合塾シリーズ)

 

 コンパクトに問題がまとまっている良い問題集であるが、これだけだと演習不足感が否めないので、次の3冊で全体的に練度をあげていく。

鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)

鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)

 
福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

 
鎌田の有機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

鎌田の有機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

 

 これらの参考書も非常に良くまとまっている。別冊付録の冊子が秀逸である。

これを終了させたら大学別の問題演習に移る。

阪大の化学20カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)

阪大の化学20カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)

 

 所々で生じた疑問は以下の本を参照する予定である。

化学の新研究―理系大学受験

化学の新研究―理系大学受験

 

 生物:理解と暗記とアウトプット

生物に関しては正直な話、苦手意識もなく、興味のある分野なので楽しく勉強できると思うが、参考書の数が少ないことと、どう演習を積んでいけばよいのかがわからない点が不安である。

まずは化学と同じように教科書を読み、リードLightシリーズで知識の抜け漏れをチェックする。同時並行でスタディサプリで重要事項を確認し、復習も兼ねて以下の本を通読する。

生物合格77講【完全版】 (東進ブックス 大学受験)

生物合格77講【完全版】 (東進ブックス 大学受験)

 

疑問点は図説を参照し、生物合格77講でもわからない事柄は以下の本を参照する。

大森徹の最強講義117講 生物[生物基礎・生物]

大森徹の最強講義117講 生物[生物基礎・生物]

 

 大阪大学は実験考察問題が多いと聞くので、以下の本で対策を練りたいが、現時点ではこれらの本を使うかどうかは保留である。基礎的な事項の理解と暗記に努め、それ以降に勉強の様子を見て導入する。

大森徹の生物 記述・論述問題の解法 (大学受験Doシリーズ)

大森徹の生物 記述・論述問題の解法 (大学受験Doシリーズ)

 
大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法 新装改訂版(大学受験Doシリーズ)

大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法 新装改訂版(大学受験Doシリーズ)

 

 また、生物は「20年シリーズ」がないため、問題演習に苦慮している。

インターネット等の情報から問題演習は以下の三冊の何れかを利用しようと考えている。 

理系標準問題集生物 <四訂版> (駿台受験シリーズ)

理系標準問題集生物 <四訂版> (駿台受験シリーズ)

 
生物重要問題集ー生物基礎・生物 2017

生物重要問題集ー生物基礎・生物 2017

 
お医者さんになろう医学部への生物 (駿台受験シリーズ)

お医者さんになろう医学部への生物 (駿台受験シリーズ)

 

 場合によってはZ会の利用も考えている。

いずれにせよ、理解と暗記、アウトプット練習が大事である。それらをこの数か月でやってみて、それから詳細な方針を立てていきたい。

 

応援してくださると心の底より喜びます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へにほんブログ村

 

今日は以下の曲を聴きながら。

www.youtube.com